決め手は時給?それともやりがい?

工場の日勤と夜勤の違い

工場で働く場合は、社員として働く人もいますが、最近は社員を少なくしてアルバイトを増やしている傾向があります。では、工場でアルバイトをする場合、時給はどのようになっているでしょうか。アルバイトの時給といっても様々ですが、基本的に900円ぐらいが一般的になります。工場の仕事は管理職などでない限りそれほど難しいものではありません。一般的に立ち仕事が多く、足腰が痛くなることはありますが、作業自体は非常に単純です。
一方で、大きな工場であれば 1日中稼働させているところもあり、夜勤がいます。夜勤は体力的な厳しさがあるので、日勤に比べると時給は300円ぐらいは高くなります。このように、日勤と夜勤では少し状態が異なります。

仕事内容を詳しく見てみる

工場の仕事内容については、どの仕事も単純な仕事が多いです。頭を使いながら行う仕事もありますが、完全な頭脳労働とは違いますので、基本的には体力勝負になります。体力勝負の中でも主に2種類あり、1か所にじっとしているタイプと、動き回っているタイプの仕事があります。1か所にじっとしているタイプはラインに配属される場合です。車の工場でいえば、同じ部品を1台ずつ取り付けていきますが、それを永遠と続けなければなりません。
一方で、よく動き回る仕事は、何種類か仕事の種類が与えられている場合です。この場合はある程度その人に裁量が与えられており自由にできますが、ラインの仕事に比べるとやや頭を使うことが多くなりますので、立ち仕事が嫌な人であればよいでしょう。

© Copyright Your Next Interview. All Rights Reserved.